2009年03月13日

カレー

カレーって食べ物に取りつかれている気がする。
油断すると食べたくなる。
といっても、おしゃれな奴じゃなくて、ジャガイモ、人参、玉ねぎ、肉。
みたいなやつ。

ゴロゴロした具とろっとしたルー。
我が家は、ジャワカレー。
アオキンが作る時はだけど、それに、適当にスパイスを混ぜたりします。

でも、そういうのってお店じゃ食べられない。
家で作るしかない。

そういうのだから食べたくなるのかなぁ。
アオキンは、カレー、ラーメン、ハンバーグが大好きなお子様なのかもしれないけど、
同じくらいお魚も好き。
と、一応フォローしておこう。

posted by アオキン at 11:11 | ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月12日

人に良いと書いて「食」

あるお米のHPに書いてあった言葉。

これが、なんか頭にこびりついた。
つまり、食べるということは、人に対して、良い結果をもたらしてこそ「食」と言えるのではないだろうか?

科学的ななにかが、すべて悪いわけではないが、
「食」という言葉を考えると、食べ物って言えない食べ物も多い。

小さなお子さんや愛する家族には、安全なものを口に入れさせたい。
そんな思いから、スーパーで自分の判断で選ぶ人も多い。
つまり、食品とか言われていても、その人たちにとっては、食べ物、食品ではないのだ。

わざわざ選ばなくても、食べ物しか売らない食品コーナーに時代が遡らないかなぁ。
みんなが安全な食べ物を望んでいる。
そんなわかりきったことを、実現できない世の中なのだろうか?
利益や政治とかが絡むと本質がゆがむ。

どちらが正解かはわからないけど、「食べる。」って言葉をしっかり見つめ直すの大事。
posted by アオキン at 11:01 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月11日

郵便振り込み難しい。

アオキンは、ぱるるの口座を持っているけど、
全く使っていない。
郵便局よりも、都市銀行のほうが、探しやすかったり、
まあ、向井sから使っている分なれているからだろう。

しかし、オークションで落札して、ぱるるに振り込みが必要になった。
そしたら、もう大変。
1時間くらいかかった。

まず、ATM。
どのボタン押せば、振り込みのメニュー出てくるんだよ。
支払。入金などなんとなくこれかというものはあるが、微妙に違う。
振り込みカードによる振込。
以外は、意味がわからなかった。
あまりにも長い時間、ポチポチやっていたら、警備員に声かけられる始末。

口座がない場合は、用紙に記入して、窓口らしい。

で、振り込み用紙を探し、記入。
窓口にもっていった。

「これは、口座番号の先頭が”0”のもの専用です。”1”のものはこちらに記入してください。」
「口座をお持ちですか?窓口だと525円手数料がかかりますが、機械なら無料です。」

たたみかけるように言われたが、そもそも、この用紙は、記入台に置いてなかったけど、
書き直しかよ!!

とか、思ってみたり。郵便局は振込じゃなくて、振替じゃなかったけ?
いつの間に振り込みに直したんだ?
それ治すシステム移行代金あったら、この”0”とか”1”とかのを何とかしろよ!!

とおもいつつ、用紙を記入。
別の人が座る窓口にもっていった。
「口座をお持ちですか?窓口だと525円手数料がかかりますが、機械なら無料です。」

。。。。さっき全く同じ質問されましたが、、、、、

まあ、いいけど、、、、

いや、なんだかんだで、280円の振り込みが、805円もかかってしまった。
これなら、銀行から、他行への振り込みにすればよかったよ。
本当にしんどかった。

ゆうパックなどの郵便業務以外は使ってやらない!!
posted by アオキン at 11:00 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月10日

ヨックモック:苺のクレープ

週末にヨックモックの本店に足を運んだ。
青山の高級ブティックが立ち並ぶ一角に濃い青のタイルを張った落ち着いた店だ。

ヨックモックがおいしくて安いクッキーを売っていることはみんなにしらてています。
しかし、このお店は本店の喫茶にすごい魅力が溢れている。

それが、苺のクレープだ。
アオキンはイチゴが大好きなので、迷いがないよ。
まずは見てほしい。
3335751686_3753531a8a_o.jpg
クレープを取り巻くベリー。
そして、あまりにも控え目なソース。

このバランスが美しくもうまいのだ。

3334917925_53dbc84c79_o.jpg
ボリュームも結構ある。
クレープの中には、苺が練りこんだクリームとイチゴのスライスが入っている。
その上に、バニラビーンズの利いた上品な口どけ滑らかなアイス。
さらに、頂上(あえてこの表現をしてみる)には、あのよっく目の代表的なお菓子。
シガールの巻いていないクッキーが載っている。

どんな食べ方も自由だ。おそらくこれに正解の食べ方はない。
同食べてもうまいのだ。

3334919377_618b5c830c_o.jpg
要注意は、この房状の小さなブドウの赤いような実だ。
一気に食べたらものすごく酸っぱかった。
きっとおしゃれな女性なら食べたことある実なのかもしれない。
正直アオキンは見たことあるかも?
とおもったが、この酸味をどの辺で食すか。それが唯一のなやみどころか?

ちなみに、インディアンダージリンという紅茶を頼んだが、
お茶うけにシガールが1本ついてきた。
クレープが1000円。
紅茶(pot&シガール付)が900円〜1000円。

なんとも優雅で贅沢で、ちょっと得した気分になる。

店員さんの制服は、古臭くどこかダサさがあるんだけど、
きびきびした接客を受けていくうちに、なにかかっこよさが漂ってくるから不思議だ。
ダサカッコイイ。

みんなに愛されるクッキー屋さん「ヨックモック」の喫茶。
ぜひ、お試しあれ。
posted by アオキン at 11:42 | ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月09日

春の足音

花粉症の猛威が気になって、薬漬けになっている今日この頃。
春の訪れが楽しみなのは、言うまでもない。

そんな春の足音が聞こえてきたのは、先週末だ。
近所の公園を通って、遊びに行く途中。
暖かさに木々の変化があった。

3335736360_0769509fec_b.jpg
サクラのつぼみが膨らみだして、今にも咲きだしそうになっていた。
咲いているものもいくつか見られた。
この桜は毎年、早く咲くので、一番目につきやすい。

3335739128_f4b4f31596_o.jpg
菜の花もどこかからかこぼれた種が、成長し花を付けている。
この花が咲き誇り、散る前に春はやってくる。
桜のつぼみは膨らみ、にぎやかにあるのだ。

3334902187_e620ec8bf2_o.jpg
そして、最近は見かけなくなったスミレが咲いていた。
昔は、群生していて、花をお浸しにして食べる人もいたんだけど、
きっと今はそんな人もいない。
ベッドタウンのオアシス公園にひっそりと咲き、
気づくものも少なく春を告げている。

このほか、マグノリアも咲き始めようとしていて、
あと2週間もすれば、桜は咲き、気がつかないふりをしていても春を感じることだろう。
でも、こうやってまっさきに春を感じる。
そういう贅沢を味わえたことにかなり幸せを感じた。

もう、薬とおさらばする日は、カウントダウンしているよ。
フキノトウやタラの芽といった春の山菜がスーパーに並んできた。
菜花も売っている。

ちょっと早い春をみんなで体感しようじゃないか?
posted by アオキン at 11:13 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月06日

雨はいやだけど、この時期は好き

雨って、面倒だし嫌ですよね。
でも、この時期の雨は神の恵みです。

神とか書いているけど、特定の宗教を信じているわけではなくもし、いるのなら?みたいな感じです。


花粉症の季節、雨がたくさん降ると、空気中にただよう花粉を地面にっ叩き落とし、排水に流し、
海へと連れて行ってくれる。

本当に助かる。
でも、建物の中に入った瞬間くしゃみが出たりするので、うまく逃げる花粉もいるんだけどね。

そんなこんなで今日もAGノーズが大活躍していますが、雨にも感謝。
寒いから多めに着込んで、今日も頑張ろう!
posted by アオキン at 11:11 | ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月04日

太鼓どうしよう

和太鼓が余興用に欲しくなってきた。
3000円で買えそうだ。
コンパクトのものなら、置くスペースは何とかなるけど、
買った後ほかに使い道はあるのかなぁ。
どうせなら、沖縄のエイサー用のパーランクーも面白そうだし、
玩具太鼓といわれる和太鼓も捨てがたい。
はたまたキッズドラムというちょっと洋風のものもある。

もともと太鼓大好きだし、
6000円出して、アフリカのジャンべやトーキングドラムも良いかも。

というより、これはそのあと何に使うんだということも頭によぎる。
キャンプするときくらいしか、使わないよなぁ。

一軒家とか買ったら、毎日でもたたいて楽しめるんだけど、、、、、、、

悩みは尽きないね〜

アオキンはいろいろ欲しがって、お子様ですか?
いいや、33歳のおっさんです。
posted by アオキン at 11:41 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月03日

心配されるってうれしいね。

今朝、上司から休んでたけど体調大丈夫?
って連絡貰っちゃった。
なんか、心配されているって申し訳ない気もするけど、
うれしいもんだ。

そういう人の期待にはちょっとは応えてみたくなる。
それが、大人ってやつだ。

でも、仕事がそんなにないんだよね~
posted by アオキン at 10:38 | ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月02日

合宿

友達の結婚披露宴の余興のため、
獅子舞を作っているが、クウォリティを追求しすぎて、間に合わない。
そんなことで、急きょ合宿を行った。

河原での色塗り。ホテルでの組み立て。
時間を見つけては、司会進行の内容を細かく詰めた。

この中で、5名の固い絆と成功に向けての心を一つにするという一番重要な部分ができたと思う。

とにかく、我々の仲間は、仲が良くていろんな意味で暴走してしまう。
つまり、気分さえ乗せてしまえば、成功間違えなしのチーム力がある。

仕事でいうキックオフ飲み会のようなものなのか?
まあ、過程を持っているメンバーは、家族に感謝しつつ、
非常に有意義な合宿が行えた。

新郎の友人として余興をするのだが、彼も仲間の一人。
この合宿に参加できないことを後で悔しく思うはずだ。
だって、我々は余興の準備という本来退屈でプレッシャーのある面倒なものを
最高に楽しんでいるのだから。


とはいえ、毎週集まり、学生時代に戻ったように楽しむには、今の生活環境は大きく異なり、
周りの理解が必要で、多くを犠牲にすることになる。
交友関係が広がり、家庭が作られている。

それでも、それを許してくれる家族と仲間に対する感謝の念を感じるまたとない機会になった。

そう、この余興に参加していない家族や仲間も、もうこのプロジェクトの一員のようなものだ。
成功するのに残された最後の要素は、演者の出来のみだ。

みんながっちり肩組んで前に進もう。
Go for it!
posted by アオキン at 11:32 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年02月24日

久々に背景を変えてみた。

Twitterのガジェットを入れるにあたり、前の背景だと、色の切り替わりがカッコ悪かったので、
背景を変えてみた。

なんか、なれないし、おかまちゃんぽい気がするけど、慣れるしかない。

しかし、背景を変えるだけで印象がいろいろと違うものだなぁ。と痛感した。

色、余白の使い方、文字の大きさは、プレゼンテーションドキュメントの基本だ。
なんか、いろいろ思い出してきた。

こんな遊びのブログを書いていても役に立つことはあるものですね。

得した気分です。

これをどう、今後に生かすか?それが重要。
posted by アオキン at 11:17 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年02月23日

お地蔵さん

下町の人は信仰心が厚い。
浅草に散策に行く機会が多く、いろいろ見ていくうちにわかったこと。
はじめ、観光気分で、浅草寺や浅草神社などのメインの観音様とか
本堂とか社を中心に見ていたけど、

三社祭のために生きて、浅草寺を誇りに思う浅草の住人は、
観音様だけじゃなくて、周りの小さな仏様や神様にも丁寧な気持ちがある。

3300364338_3e6632c51a_b.jpg
浅草寺の入り口近くにあるお地蔵さん。
布が何重にもかぶせられ、帽子もきれいだ。
それだけ大切に事あるごとに多くの人が、大切にしているのだと思う。

おのずと、このお地蔵さんの魅力的な姿に、シャッターを切らずにはいられなかった。

小さな辻にある社や、何の御利益があるかわからないような一見インチキくさい狸のお地蔵様
に至るまで、きれいに大切にしている。

なんか、すきだなぁ。

だから自然に足が向くのだ。

もちろん、和洋中のうまい店がたくさんあるのも浅草の魅力。
国際的な観光都市であることも魅力。

話好きの店主が声をかけてきてくれて、ついつい気分良く買ってしまう。
そういう町だ。

近くの本所や両国、森下まで足を延ばしても、この雰囲気はのこっている。
商店街の真ん中にある小学校だったり、露地や駄菓子屋に集う子供たちもたくさんいた。

地域が人を育てる街。
美しい心の街。

ただし、酔っぱらいも多く、下町に不景気の波が襲っていることも実感できた。

アオキンの住んでみたい街No1だ。
posted by アオキン at 13:20 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年02月20日

世界へ目を向けよ。魅力がいっぱいだ。

アイシュワリア・ラーイさんってすごくきれいですよね。
94年のミス・ユニバースなんですよね。
名前が覚えられませんが、知的でセクシーな女優さん。

いや、先週友達と会った時に、インド人の女性はきれいだよね~
言語圏が一緒なら恋愛対象ど真ん中だよ。
的な話をしたら、同意0。

そのあと、アイシュの画像を携帯で探して見せたら、アリってことに急変。

でしょでしょ???

みんな目を世界に向けようよ。
って、もちろんアオキンは既婚者なので、鑑賞どまりにしてますよ。

ハンガリー、オーストリア、ブラジル、韓国、ロシア、日本。
みんなそれぞれの魅力ある人が沢山いる。

言葉が世界共通だったら、楽しいんだろうなぁ。
と思うわけです。
もちろん、歴史的背景が、国や地域により異なり、
反日感情のある国もたくさんあると思う。
でも、沢山の人と接したほうがきっと自分も磨けるし、
ときめく数も2倍3倍どころじゃないよ~

日本には、沢山の食料、美女、景勝地があるから、
なかなか世界に目が向かないのだろうけど、
世界は広い。絶対に日本の中だけで満たされていてはいけない。

アイシュは結婚しているけど、未婚の美女は、日本だけじゃなく世界にいるんだよ。
がんばれ、独身男(特に女性との出会いのない人?)
不特定多数に言っているように書いているけど、個人宛のメッセにすぎませんので、、、、
posted by アオキン at 13:02 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年02月19日

鈴って、神社のお守りになっていたり、100円ショップのキーホルダーについていたりするけど、
あれは、どこに売っているのだろう。

アウトドアショップにはクマよけの高いものが売られている。

だけど、たとえばデパートには鈴コーナーはないし、
たくさんの鈴から選んで買うことは難しいね。

大きな梅干しくらいのサイズの鈴が欲しいのだけど、どうすりゃいいんだ〜
悩ましいなぁ続きを読む
posted by アオキン at 11:31 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年02月18日

中川さんの辞任はただしいのか?(長文)

わかりません。
会見一つの間違えで辞任するなら、麻生さんやそのほかの政治家や官僚は辞任しなきゃいけない人がたくさんいると思う。

きっと、すぐ謝っちゃえばすんだのに、主張が2転3転したのが悪かったんだと思う。
彼が、経済の回復に対して、消極的だとは思わない。

酒と薬は本当に怖いね。
正しい用法をしっかり読まないといけないと思うよ。
まさに、そのために対面販売のみを認め、通信販売をやめるような議論があるのだと思うが、
薬の販売責任とは、本来そんなことではなくて、症状や病気に適切な薬を紹介、提供することにある。
用法などは、薬の説明書に書いてあり、それを読まないで、薬を服用する行為は、
睡眠薬を大量に飲んで自殺する故意の自殺と変わりはない。

こんなこと規制しても、店頭販売時に薬剤師が、客の症状を聞いて、適切なアドバイスをすることが、
必要なのだろうか?結局、医者に行けってことじゃないのかなぁ。

医者以外に、適切な処理なんかわからないよ。

さて、本題。
中川さんの辞任は、個人的には間違った行動だと思うし、それを仕向けたマスメディアや、
野党、与党の一部。国民は、過敏すぎないかなぁ。

あっさり辞任を認めてしまう麻生さんはもっとおかしい。

なぜなら、大臣の職務は、会見も確かに重要なポイントになるのかもしれないけど、
各国との会合、会議、会談の内容。
仕事全体で評価されるべきだ。

こんな、酔っぱらい会見でやめる必要があるならば、
しらふで、適当なことを言っている政治家や官僚はどうなのか?
正気の状態でおかしいんだよ。もっとひどくないかな。

アメリカ・ガイトナー財務長官とのG7前の意見交換やG7の会合の内容。
そういうのは、彼の一定の成果だ。

ヨーロッパじゃ、ワインをまず飲まないで会合なんてありえないし、
そんな余裕もない人の意見なんかまともに聞いてももらえない。

彼は、会議のために酒を飲んだと思えば、
記者会見は、大臣があの状態だと周りが見てわかるんだから、
周りの同行者が代行で開いてもよさそうなものだ。

そういうい思慮に欠けた周りの人こそやめるべきだ。
だって、またこんな会見は、何度だってあると思うよ。

まあ、多数決の社会が悪影響を及ぼしているとしか思えない。
弱者を見捨て、助け合いのない、強者の世界を作り上げていく今の世の中を
あらわしているのではないか?

とはいえ、自分は自民党にこれっぽっちも興味がないし、
中川さんのことが好きなわけではない。むしろ嫌いなくらいだ。

財務大臣なんてこの不景気の難しい時期にやりたい奴なんてそういないよ。
エコノミストですら意見がばらばらの先行き。

過ぎたことは仕方ない。前に進むためにも、YES manでもNO manでもない
適切に任務を情熱を持って遂行してくれる人を見つけてほしいものだ。
posted by アオキン at 11:35 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年02月17日

Satisfaction

The Rolling Stonesの名曲。
アオキンは、別にファンじゃないけど、この曲が妙に耳から離れない。
でも、家にCD無いし、聞きたいなぁ。

で、YOUTUBEで聞いてみた。
おっさんになったミックの歌声での同曲を初めて聞いた。
なんか、味がありすぎて、ある意味ソウルフルなんだけど、すっきりしない。
1969年の映像を見て、かなりすっきり。
これだ。この変なノリの動きで、当時はかっこよかったに違いない。
ハトとか鶏の歩くまねのような歌いながら、首を前後に揺らしながら、

I can't get no
Satisfaction

これこれ!
いまだにこの英語は意味がわからない。
I can't get no satisfaction.

単純に満足できない。なら、
I can't get satisfaction.
で良い気もするのに、
no satisfaction
って、否定の言葉を2個使い、アオキンなら、
不満なんか感じられないぜーーー
って訳しそうだ。
ところが、この文章で、
満たされないぜーーー
とか
満足なんかできやしない
という意味だ。

英語って難しい。

なにはともあれ、このSatisfactionは名曲である。
だって、ファンじゃないこの私が知っているくらいなのだから。
この曲は、album[Out of Our Heads]に収録されている。

このアルバム自体は、R&B主体の名盤だと思われる。
カバー曲を歌ってきた彼らが、カバーされる側に立つ転換期のアルバム。
これ、みんな買っておこう。

まあ、あのはっきり歌っているのにこもった感じが嫌いな人は、
とてもじゃないけど聞けないと思うので、その辺はご自身でご判断を。
posted by アオキン at 11:05 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年02月16日

誕生日

アオキンは、本日誕生日。
昨日の晩から、本格的に花粉症が悪化。
寝れない夜を過ごした誕生日。
まあ、毎年のことですが、、、、、、

そこらじゅうがかゆくてしょうがない。

でも、誕生日って、ほんとに何歳になっても特別な日です。
気分がよい。
今年で、33歳。
ついにぞろ目。なんか、あんず棒買った時のサイコロで、1本サービスになりそうな
素敵な数字。

今年は、不景気の年。何事もなく普段通りの生活さえ遅れれば幸せだなぁ。
自分の周りの人がとても幸せで生活できることが、何よりのプレゼントです。
苦しい時代。みんなで仲良く励ましあって楽しく過ごせたらと思います。
みんなも協力してね。
posted by アオキン at 11:23 | ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2009年02月13日

アトリエ欲しい

なんか、6畳くらいのアトリエが欲しいです。
絵かいたり、タイイングしたり、刺繍したり、
はたまた、フィルムの現像とか。

今、友達と制作している獅子舞も、作業スペースがないから、外でやることに。。。。
結局、こういう仕事って室内の方がやりやすい。

ちょっと前には、ららぽーと横浜にそんな施設があったけど、つぶれちゃったし、
公共施設は、レンタル料がかかる上、抽選だったり、利用者登録カードの作成が、
平日で、発行できなかったりする。。。。

実家の自分の部屋は、両親の物置になってるし。。。。

やっぱり、広い家欲しいなぁ。
不景気で、半額くらいになればいいのに。。。。
posted by アオキン at 13:44 | ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2009年02月12日

銀座はチョコレートの街に

バレンタイン目前。
って、男だからチョコレート売り場は行くの恥ずかしいけど、
妻と行ってきました。

すごい人。三越、松屋は、もうゴチャゴチャで、チョコと香水の香りが漂ういような空間だ。
しかし、銀座のチョコレートは、別にデパートに限った話ではない。

ダロワイヨ、マルコリーニ、リンツ、マキシム・ド・パリ、アンリ・シャルパンティエ
とにかく沢山のチョコ屋さんがあり、みんな並んでる。

すごかった~

さらに、デパートでは日ごろ取り扱いのないチョコが海外からやってくる。
男の人にあげてもそれはわからないだろうに。。。。

デパートもしたたかに自分用として購入する客も想定しているんだろうなぁ。

アオキンも、3000円分チョコ買いました。
食べる用です。

posted by アオキン at 12:41 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年02月10日

三越

三越のバレンタイン。
モナコのチョコレート屋さん。
ショコラテリー・デ・モナコの商品が帰るらしい。

モナコに行った時に買い求めたが、すごく店員さんが気さくで、フランス語圏なのに、
英語で応対してくれた。

しかも、たくさんチョコ買ったら、おまけに、チョコレートをいっぱいくれた。
「これも、入れておくから良かったら食べてね。」
って!!

そんな素敵な思いでたっぷり。
ちなみに、チョコレートはシンプルなのがおいしいのはもちろんですが、
手の込んだチョコレートもおいしかった。
滑らかで、喉に張り付くような感じもなくてさ~

だけど、日本で売るチョコの値段が、6000円かよ。。。。
庶民には手が出ません。

って、アオキン男の子なのにチョコ買う気になっちゃったってお話です。
もちろん自分用。逆チョコじゃないよ。
お互い送りあったら、ホワイトデーでも送りあわなきゃ。
面倒なことこの上ないです。
posted by アオキン at 11:14 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年02月09日

不安と期待

結婚式の余興。
獅子は、かなり作成の過程が詰められて、歓声が楽しみになった。
すごいいい生地が手に入り、獅子頭も完璧な出来栄えが想像できるほどに
買い出しができた。

もう、あとは、作ればうまくいきそうだ。
もちろん、踊り次第だけど、そこは完ぺきに踊れる実績がある。

しかーーし。
司会、進行役がまさかのノーアイディアで集まった。
タダでも不安がある司会役はじめての友人。

ごまかして笑いに走る始末だ。
しかし、これでこけたら、誰もフォローができない。

みんな不安。ちょっと宿題を出した。
どんなエピソードやふりをすればいいのか箇条書きで、いいから次回までに考えてくる。

さあ、これから始まる結婚式の余興の続き。
どうなる事やら。。。。
もちろん、成功に向けて頑張るのだ。
余興といえど、晴れ舞台。手抜きはゆるされない。
posted by アオキン at 11:45 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。