2008年05月27日

痛恨のミス??

知人から譲り受けたMinoltaのSR-Tスーパー。
MF一眼で、40年前のものだ。
露出計が故障していたので、感露出で、25枚とりあえず撮った。
昨日現像に出し、今朝取りに行ったら、、、、、、
「NGだって〜、写ってないみたいですよ。」
って、店のおばちゃんに言われちゃった。。。

考えられるのは、露出が狂っていたので、適当に露出合わせて、シャッタースピード間違えた?
で、真っ黒。

シャッター音はするけど、シャッターが切れていない。

フィルムがもう感光しない。

フィルムのセットがうまくできていなくて、巻き上げ出来ていない。


たぶん、巻き上げ出来ていなかったと思う。


最近のフィルムカメラは、自動巻き上げで、ちょっと爪にかけてふたを閉めれば巻き上げてくれるけど、
このSR-Tスーパーは、フィルムの先を巻き取り軸にひっかけて、何回かまかないと駄目なもの。
それを、軸にひっかけただけで巻いていなかった。

まあ、試し撮りで、撮りたいものをとったわけでもないので良しとします。

現像代を525円とられただけで終わってしまった。

でも、現像時に押してくれるスタンプをかわいそうだからと1個余計に押してもらった。

いいこともあったね。

もう一度チャレンジしてみます。

posted by アオキン at 10:08 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ハプニング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。