2007年12月14日

[CD]マンテカ 森村献

昨日に続き、CDの感想文です。
このCDはLATINってジャンルのはずだったんだけど、ごちゃ混ぜです。
それこそ、白鳥の湖とか時の踊りって、バレー音楽が入っていたり、
ごちゃ混ぜです。
Moliendo Cafeはコーヒールンバのアレンジ。
Descarangaは高橋ゲタ夫さんのスキャット。
なんか、期待したものと違うけど、楽しめます。

裏で支える豪華参加メンバーに聞きほれるも良いかもしれない。
アルバムとしての完成度は、低いけど(アルバムの中身が3部構成ぽくなっていて、つながりの無いベスト盤的な感じ)、
飽きの来ない面白いアルバムだと思います。

一曲ごとの演奏は、とても、グルービーな気持ちよく乗れる感じです。
posted by アオキン at 11:16 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。