2007年05月22日

お木曳き旅行鳥羽水族館編

浜参宮が終わり、二見浦駅に移動中に、ツレがつばめ写真家に大変身。
全然進まない。。。。

やっと着いたんだけど、なんと、この駅券売機が無い。
窓口で買う。電車が来るまで10分。更に、次の電車までは、1時間以上ある。。。。。

前の人が、切符の時間変更を行っていて、全然切符が買えない。。。。。。。
窓口のおっさんは、最悪だ。JRも田舎はまだまだハナクソ並みの職員がいる。

駅舎は、こんなに立派なのに〜
IMGP3557.JPG

まあ、ホームに行けば、納得単線だ。
IMGP3580.JPG

そして、電車が来た〜
この電車は、降りるときに車掌さんに切符を渡すことになる。
しかし、おっさん1人JRに近鉄の切符で乗りやがった〜
車掌さんが説明を長々としている。出発しない。。。。。。
そして、ダイヤが5分近く乱れた。
IMGP3583.JPG

で、鳥羽に着いた。
妻は、実家に帰るため近鉄に乗り換え〜ココから、男2人旅の始まりーーーー!

そして、2人はデートの定番鳥羽水族館です。
IMGP3584.JPG

15:30位に着いたのかな。
入場口で、お金を払い、いざ水槽へ〜
ココから、2人は写真とりまくり〜
IMGP3601.JPGIMGP3615.JPGIMGP3616.JPG

この後、鳥羽水族館限定のガチャガチャで、魚たちの標本フィギアを大量にGET!
お見せしないが、1回100円で、YUJINのものなのにかなり出来が良い!

さて、写真は、まだまだとりまくり〜
IMGP3637.JPGIMGP3651.JPGIMGP3657.JPG








まあ、こんなもんにしておきましょ。
実は、写真撮ったり、魚を眺めていたら、閉館時間のアナウンスが〜
全部見切れませんでした。。。。。
1時間30分では、鳥羽水族館は攻略できません。。。。。
多分、1日いても飽きません。

そうそう、アオキンは、水族館で、干物とか魚介類売るのはどうかと思う。。。。
いくら、鳥羽の美味しい海の幸とはいえ。。。ねぇ。


そうそう、このたびで厄介になる宿に水族館で連絡を入れて、遅れる旨を伝えたのに
更に遅れた。ごめん。旅館の人〜


そして、旅館は、伊勢の紅葉軒さん
IMGP3689.JPG

ついてから、色々お話を聞き、部屋に案内された後、30分後に食事を用意してもらった。
もう食べきれないほど!!
21:00位にねぶたが出るよ〜って言われたので、さっさと飯を食おうって魂胆だったんだけど、
呑んじゃったりしてたら、21:00になって、、、、食事→祭り→食事OKよ〜っておっしゃって頂き、見にいけた。
まずは、食事をご覧ください。

IMGP3660.JPGIMGP3659.JPGIMGP3662.JPGIMGP3663.JPGIMGP3664.JPGIMGP3668.JPG








IMGP3669.JPGIMGP3666.JPGIMGP3671.JPG
IMGP3672.JPG







ご飯3杯食べた。。。。
この料理、請ったものは無いけど、地のものを使ったもので味も旨い。伊勢うどんや伊勢たくあん
何もかも旨かった。そうそう、ビールはビンですが、、、、、ラベルに注目!お木曳きバージョンのキリン!
IMGP3665.JPG


そうそう、祭りもすごかった。
女の子が太鼓をたたいてます。
IMGP3683.JPGIMGP3686.JPG

そして、山車!獅子がとても格好が良いが、4面ある。
IMGP3675.JPGIMGP3678.JPGIMGP3680.JPGIMGP3674.JPG


一度、飯を食いに帰り、戻って見ると、女性の太鼓が、色っぽいオネエちゃんの太鼓になっていた
IMGP3707.JPGIMGP3710.JPG


山車も必死に回しながら、移動してます。
動画が大きすぎて載せられません。。。。

この後、宿に戻り男二人で風呂に入り
お木曳きのTVがiTVってローカルでやっているのをみて、寝るのでした。

次回、イヨイヨお木曳きです。

posted by アオキン at 00:36 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。