2010年02月02日

雪がふった。




IMG_1204

大きな雪の粒が大地に降り注ぐ。
そして、一面が白くなった。





photo
全てを覆い尽くして、清めているようなそんな静寂と冷たさが、心地よかった。

そして、朝。
出社の道筋に清めの雪がしっかりと残り、これが解けたら、春が来るんだという期待が自然と心によぎる。



ゆき
朝日を浴びても、寒々とした桜の木々が、休眠打破するために、必要な寒さ。
このあと、気温が上がれば、芽吹き、花が咲く。
その前の静けさを感じた。





ゆき


季節を感じるってやっぱり、気分が良いね。
posted by アオキン at 10:43 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。