2009年09月24日

男はつらいよ

寅さん
柴又に行ってみた。
ここは、京成金町線柴又駅。
我が家からは、電車で1時間くらいの所にあります。
小さい時に曾祖父が青砥に住んでいたので、行ったことがありますが、
まだ小さかったので、あまり覚えていない。
新鮮な街でした。

金町線は、本数が少ないので、隣駅の京成高砂駅から歩きました。
600mくらいなので、楽しく散歩がてら行くことができます。





柴又駅
駅は、意外と人がたまっていて、観光客が、銅像にフラッシュを浴びせています。

駅から、帝釈天までは賑わっていますが比較的小さな参道で、商店街というよりも、
観光客を目当てにした感じです。





焼き鳥
情緒のある活気たっぷりの焼鳥屋さん。
参道にあります。
おいしそうですが、お値段はやはり東京価格。
侮れません。
1〜2本小腹が減った時に食べる感じでしょうか?




高木屋

少し進むと、男はつらいよで、5話から「とらや」として、ロケ地になっている高木屋さんがあります。
このお店は、向い合せに店舗があり、一番大きなお店です。

4話までは、「とらや」さんというお店が参道に存在します。
とにかく、この通りは、団子屋と煎餅屋が多いです。

この高木屋さんの裏には、印刷工場はなさそうです。
タコ社長とかいそうな雰囲気で、テンションは上がります。




高木屋
名物の草団子は、とても美味しかったです。
あんこが甘さ控えめで、何個でも行ける感じ。
劇中で、のんびりと売っている感じではないですが、雰囲気はありました。


そして、ほどなく帝釈天。




帝釈天
雰囲気のあるお寺で、御前様がいらっしゃる雰囲気は顕在。
掃除をするガジロウさんは、いらっしゃいませんが、人が楽しそうにお寺を見ています。

お寺の一角には、人だかりが。。。。。




操り人形
江戸操り人形でした。
とにかく細かい動きで、酔っぱらいの動きを見事に再現。
観客がどんどん集まります。
黒子のパフォーマンスも最高でした。

ところで、
「こちら産まれは葛飾柴又。帝釈天で産湯を浸かり、性は車、名は寅次郎。」
の、産湯ですが、
手を洗う場所に水神様が祭られていて、そこの水がそうなんじゃないかなぁと思ったのですが、
フィルムカメラで撮影したために、すっかり、デジカメで撮り忘れちゃいました。

帝釈天の近くに寅さん記念館があります。
撮影は自由にできて、スタジオセットや、ジオラマなどファン必見の展示内容。
衣装なども展示されています。
また、名場面の上映など、飽きさせません。




寅さん記念館
これは展示の一部。
寅さんの全財産。
ものは、あまり持っていないようです。
花札は、渡世人には必要なのでしょうね。
あまりきれいな字とは言えない味のある書体で、事あるごとにはがきを送る寅さん。
彼の持つはがきは、50円はがき。
全盛期の40円とか41円はがきではないのですね。

この記念館には、渥美清さんのインタビューの上映や、合成写真で寅さんと記念撮影できる機械など、
見どころがあり、大人500円です。
満喫できました。


最後に、矢切りの渡し。
劇中でもなんどか映りました。
江戸川を渡る船。
東京と千葉を行き来する情緒豊かな船です。




矢切りの渡し
なんか心温まる町でした。
また来たいと思います。
posted by アオキン at 10:52 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。