2009年07月01日

E-P1を触ってみた

昨日、会社帰りに電気屋さんへ行ったら、OlympusのE-P1が置いてあった。
思わず、触ってみた。

立ち上がりはとてもスムーズ。
パンケーキレンズが装着してあった。
まず、見た目。メタル感があり、古いカメラの質感に近くて、
趣味のカメラって印象。

フォーカスは、ものすごく速く正確。
液晶がとにかく大きくて、きれいですっきりした情報表示で、MモードやSモードでいじると、
画面中央下に、SSとF値が表示される。

シャッターボタンの押し心地は、かなりデジカメ的な軽い感じだ。
軽すぎて、1枚をしっかりとる時の緊張感が出ない。
観た目の印象から、フィルムカメラPEN-Fに近いフィーリングを期待するからだろう。
でも、連射も速いし、決して悪い印象はない。

問題は、重さ。
実際の重さは知らないけど、持った感じが、重い。
こんなに重くする必要あるのかなぁ。
おそらくOMマウントレンズを付けた時のボディーバランスを考えているのかもしれない。
しかし、せっかく小さくパンケーキを付けた状態だと、レンズに指をかけにくいこともあり、
フォールディングしにくい。
マルチダイヤルも、小さいせいか少々固い印象。
AUTOで撮るには問題ないけど、MとかSモードで撮るには少し、気になった。

インターフェース部分の配置位置はすごく工夫されている感じで良いのに、ちょっとざんねんでした。

触るまでは、値段とカメラの実力が比例しないかと思ったけど、結構安い買い物になりそうだ。
たぶん、沢山の人がこのカメラを買うんだと思う。

スナップ写真を撮る人には、こういうかわいいのが、被写体の心もほぐれていいんだろうし、
映りも悪くない。
OlympusBlueと呼ばれる濃い青が出るのかは確認できなかったが、
Olympusのデジイチユーザーは、サブ機として十分使えそうだ。

一方私は、フィルムカメラのPEN-Fの方が好みだなぁって思う。
PEN-Fはハーフサイズ唯一のレンズ交換式。
個性がすごい。縦長のファインダー。

今回のカメラは、小さいデジイチってこと以外の個性がない。
どうせ個性出すなら、2眼のデジカメで、EVFをウェストレベルファインダーにしたら、
なんか、納得するんだけどな〜
posted by アオキン at 10:31 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。