2009年04月15日

工事現場の乗り物

パワーショベル、ブルトーザー、フォークリフト、クレーン車。
その他、沢山の名前もわからないような乗り物たち

あれは、萌える。

とくに、オーソドックスは黄色系以外の白、緑、青、赤なんかは、輝いて見える。

一番好きなのが、蟹のツメみたいなのが付いていて、建物を引き剥がすようなやつ。
あれは大迫力だ。

また、工事現場の作業終了後の日没直前のやりきった感じで止まっている何台もの工事車両は、
本当にときめく。

一見アンバランスに見える長い首を持つクレーンも、大きなキャタピラとか低重心で
頑張っている感じもすごい。
さすがに、固定する棒みたいなのが出ているときもあるが、無駄のない感じ。

農作業用の赤と白のコンバインが稲を刈る姿も、素敵だけど、
何だろう特殊車両ってやるなぁ。

パトカーだけは、ちょっと改造しましたって感じが物足りない。

もし、工事現場の車両の形が大幅に変わってしまうとしたら、
今の形のミニカーでも買おうかと、本気で胸に思い続けている。
posted by アオキン at 11:08 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。