2009年04月13日

桜から欅へ

3430884179_33ca04f7cf_o.jpg
春ののどかな昼さがり。
桜の花びらが、ひらひらと落ちている。
春風を伴い、桜吹雪になる心地よい公園。
ほのかな桜の香りが立ち込め、眠気を誘い、子供たちは、桜の花の雪のように、
追いかけ、集めている。

3431710710_7929063a6e_o.jpg

欅は、桜の花にみんなが見取れている間に、力を蓄え、
一斉に葉を付けた。
若々しい緑が、桜の花に主役交代を迫る。

もう、春は深まり、夏への準備を始めようとするのだ。
桜も、葉を出し、潔く主役の交代をしようとするかのようだ。
このあと、つつじ、藤、アジサイと、季節の花は変化していく。

日本の四季の毎年の約束事だ。

3431714550_ef5929f7fa_o.jpg

桜の華やかな春の初めの鮮やかさを。
一瞬で消えてゆく儚さを。
漂うような優しい香りを。

のんびり、来年まで記憶するようにベンチに座り、楽しんだ。

夏の青々とした葉。
秋の色とりどりの紅葉や落ち葉。
冬のさみしさを象徴する枝ぶり。

桜は一年中楽しませてくれるけど、やはり春の木だ。
そんなことを、毎年思うのが、この時期。


今年も咲いてくれてありがとう。

満喫させてもらいました。

posted by アオキン at 10:31 | | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。