2009年02月18日

中川さんの辞任はただしいのか?(長文)

わかりません。
会見一つの間違えで辞任するなら、麻生さんやそのほかの政治家や官僚は辞任しなきゃいけない人がたくさんいると思う。

きっと、すぐ謝っちゃえばすんだのに、主張が2転3転したのが悪かったんだと思う。
彼が、経済の回復に対して、消極的だとは思わない。

酒と薬は本当に怖いね。
正しい用法をしっかり読まないといけないと思うよ。
まさに、そのために対面販売のみを認め、通信販売をやめるような議論があるのだと思うが、
薬の販売責任とは、本来そんなことではなくて、症状や病気に適切な薬を紹介、提供することにある。
用法などは、薬の説明書に書いてあり、それを読まないで、薬を服用する行為は、
睡眠薬を大量に飲んで自殺する故意の自殺と変わりはない。

こんなこと規制しても、店頭販売時に薬剤師が、客の症状を聞いて、適切なアドバイスをすることが、
必要なのだろうか?結局、医者に行けってことじゃないのかなぁ。

医者以外に、適切な処理なんかわからないよ。

さて、本題。
中川さんの辞任は、個人的には間違った行動だと思うし、それを仕向けたマスメディアや、
野党、与党の一部。国民は、過敏すぎないかなぁ。

あっさり辞任を認めてしまう麻生さんはもっとおかしい。

なぜなら、大臣の職務は、会見も確かに重要なポイントになるのかもしれないけど、
各国との会合、会議、会談の内容。
仕事全体で評価されるべきだ。

こんな、酔っぱらい会見でやめる必要があるならば、
しらふで、適当なことを言っている政治家や官僚はどうなのか?
正気の状態でおかしいんだよ。もっとひどくないかな。

アメリカ・ガイトナー財務長官とのG7前の意見交換やG7の会合の内容。
そういうのは、彼の一定の成果だ。

ヨーロッパじゃ、ワインをまず飲まないで会合なんてありえないし、
そんな余裕もない人の意見なんかまともに聞いてももらえない。

彼は、会議のために酒を飲んだと思えば、
記者会見は、大臣があの状態だと周りが見てわかるんだから、
周りの同行者が代行で開いてもよさそうなものだ。

そういうい思慮に欠けた周りの人こそやめるべきだ。
だって、またこんな会見は、何度だってあると思うよ。

まあ、多数決の社会が悪影響を及ぼしているとしか思えない。
弱者を見捨て、助け合いのない、強者の世界を作り上げていく今の世の中を
あらわしているのではないか?

とはいえ、自分は自民党にこれっぽっちも興味がないし、
中川さんのことが好きなわけではない。むしろ嫌いなくらいだ。

財務大臣なんてこの不景気の難しい時期にやりたい奴なんてそういないよ。
エコノミストですら意見がばらばらの先行き。

過ぎたことは仕方ない。前に進むためにも、YES manでもNO manでもない
適切に任務を情熱を持って遂行してくれる人を見つけてほしいものだ。
posted by アオキン at 11:35 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。