2009年02月17日

Satisfaction

The Rolling Stonesの名曲。
アオキンは、別にファンじゃないけど、この曲が妙に耳から離れない。
でも、家にCD無いし、聞きたいなぁ。

で、YOUTUBEで聞いてみた。
おっさんになったミックの歌声での同曲を初めて聞いた。
なんか、味がありすぎて、ある意味ソウルフルなんだけど、すっきりしない。
1969年の映像を見て、かなりすっきり。
これだ。この変なノリの動きで、当時はかっこよかったに違いない。
ハトとか鶏の歩くまねのような歌いながら、首を前後に揺らしながら、

I can't get no
Satisfaction

これこれ!
いまだにこの英語は意味がわからない。
I can't get no satisfaction.

単純に満足できない。なら、
I can't get satisfaction.
で良い気もするのに、
no satisfaction
って、否定の言葉を2個使い、アオキンなら、
不満なんか感じられないぜーーー
って訳しそうだ。
ところが、この文章で、
満たされないぜーーー
とか
満足なんかできやしない
という意味だ。

英語って難しい。

なにはともあれ、このSatisfactionは名曲である。
だって、ファンじゃないこの私が知っているくらいなのだから。
この曲は、album[Out of Our Heads]に収録されている。

このアルバム自体は、R&B主体の名盤だと思われる。
カバー曲を歌ってきた彼らが、カバーされる側に立つ転換期のアルバム。
これ、みんな買っておこう。

まあ、あのはっきり歌っているのにこもった感じが嫌いな人は、
とてもじゃないけど聞けないと思うので、その辺はご自身でご判断を。
posted by アオキン at 11:05 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。