2009年02月10日

三越

三越のバレンタイン。
モナコのチョコレート屋さん。
ショコラテリー・デ・モナコの商品が帰るらしい。

モナコに行った時に買い求めたが、すごく店員さんが気さくで、フランス語圏なのに、
英語で応対してくれた。

しかも、たくさんチョコ買ったら、おまけに、チョコレートをいっぱいくれた。
「これも、入れておくから良かったら食べてね。」
って!!

そんな素敵な思いでたっぷり。
ちなみに、チョコレートはシンプルなのがおいしいのはもちろんですが、
手の込んだチョコレートもおいしかった。
滑らかで、喉に張り付くような感じもなくてさ~

だけど、日本で売るチョコの値段が、6000円かよ。。。。
庶民には手が出ません。

って、アオキン男の子なのにチョコ買う気になっちゃったってお話です。
もちろん自分用。逆チョコじゃないよ。
お互い送りあったら、ホワイトデーでも送りあわなきゃ。
面倒なことこの上ないです。
posted by アオキン at 11:14 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。