2009年01月27日

明るい時代を迎える努力

ニュースを見ると不景気の話が多いですね。
ホンダがF1撤退に続き、ハンドボールも撤退だとか。
派遣切りとか、新卒の採用取り消しとか止まらない。

景気はどんどん後退していくようですね。

でも、明るい話題を少しでも多くしていく努力って、ここでも必要だと思う。
どうすれば、景気が良くなるのか?
そもそも日本の景気が悪いのは、日本が外国の景気に依存しているからではないのか?
だったら、一時的につらくても、外国の景気回復をまず優先するべきではないのか?

なぜ、国内にお金を適当にばらまこうとしているのか理解に苦しむ。
海外旅行とか個人輸入とか、そういう外国にお金を落とす政策とかないのかなぁ。
関税下げ足り、空港利用税を一時撤廃したり、支援金出したりさ~
喜んで、外国に遊びに行くんだけど~

そういう大胆な政策をしてほしい。
同時に、国内の弱者への支援。
ハイテク系の農園を増やしてみるとか?
それこそ国営農園や国営林業、国営漁業でもいいさ。
そこで収穫して作物で、炊き出しでもすればいいし、
ノウハウを学んだ人が、独立するのもいいかもしれない。
そうすれば、それにかかわれる人は建設業界、農林水産業、電気、自動車業界
土地を提供する地方にだって、お金は回るのだ。

その場しのぎの政策ばかりが目について意味がわからない。
消費税あげるのも税金の使い道がくその役にも立ってないと思えばこその反対だ。
国民生活を安定させる気もない政府が何言っても駄目なんだと思うよ。

この早い時期にお金使わなくてどうすんだろう。。。。。
早めにアクション起こさないと、不安感に押しつぶされちゃうよ。

なんか真面目になっちゃった。
ようは、海外旅行安くいかせてくれよーーーってことなのだわーい(嬉しい顔)
posted by アオキン at 13:22 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。