2008年07月07日

ナルニア国物語 カスピアン王子の角笛

ようやく、観ました。カスピアン王子。
面白かった。
相変わらず、頭の悪いピーター。
頭でっかちの兄って恐ろしいね。

そして、スーザンとカスピアン王子の淡い恋物語もほどほどでアクセントになってよかった。

魔女との戦いよりも、ちょっと迫力に欠ける戦いを人間と繰り広げるん分、
人間ドラマを充実させているのがよい。

素敵です。

ネズミの戦士もすごい可愛かった。
いろいろ、ごちゃごちゃで、振り返ると目新しさのない映画なんだけど、
その分、しっかり見られる映画。

何が言いたいとか、そういうのはない。
ただ、なにも考えればよい映画。

あぁ、すっきりした。って感じの映画でした。
posted by アオキン at 10:39 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。