2010年01月15日

あの歌ってさ!

スティービーワンダーの「I just called to say I love you」
CMとかで流れていた時についつい口ずさんじゃった。ずいぶん前だ。
たしか、子供のコーラスが入った気がしたんだけどさ、、、

I just called to say I love you
I just called to say how much I care
I just called to say I love you
And I mean it from the bottom of my heart

ってこの歌詞は、ずいぶん情熱的すぎやしない?
「I love you」って言いたいだけで電話した。
舌の乾かぬうちから、
「どんだけ気になるか」って言いたいだけで電話した。
しかも、心の奥底から
「I love you」だけじゃないジャン。
こういう電話は、くどくて長電話になりがちだよね~きっと。
お互い気にかかっていたら、最高の電話だね。

歌詞としては、これくらい恥ずかしいくらいの方が、伝わるものがある。
もう、忘れかけている青春を思い出させるような、胸キュンだ。
けど、子供のコーラスいるかな?

あれ、昨年バドガールの店で酔っぱらいながら黒人ミュージシャンと大合唱した気がするなぁ。
酔っぱらっていると、きっと私は英語の意味なんか何も考えず、音として歌うんだろうなぁ。
ただ楽しかった記憶しかない。

そう、歌詞をかみしめながら音楽をじっくり聞く。
これは、僕にとって重要な時間なのかもしれない。

posted by アオキン at 10:07 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。