2009年12月09日

iPhone購入から4日目での気づいた点

iPhoneを12/5に買ってみた。
16GBが無料だというので、話を聞くと、32GBモデルも月々480円であるという。
なんか、微妙なプランで、結局4年間同じものを使うことになるのかもしれない。
まあ、ソフトバンクのせこい商売の話は抜き。

初日は、メアドを変更。WiFiを設定して、Twitterの無償クライアントを入れ、
カメラアプリをいくつか入れてみた。

印象として、キー入力で別のものが選択されたりして、使いにくい。
アプリによって、キーボードの微妙な配置換えがあるし、横にしてもキーボードも画面も切り替わらないものがあるなど、
操作性の統一感がないのは、少しストレスに感じた。

iTuneと同期して、音楽などを入れてみた。
なんだか微妙な使い勝手。iPhone自体からいろいろやりたい。
着信音は、作るの面倒だし、どうせかかってこないから、標準のもので良いことにした。

2日目は、safariでweb閲覧をしてみた。
少しURLを入れるだけで、予測候補が出てくれて、なかなか快適。
しかし、フラッシュを使ったHPはほぼ見れず、、、、
探してもiPhone用のフラッシュプレーヤーは見つからなかった。。
くそ、、、

3日目は、外に出て3Gの速度を体感。。。。え。。。。遅い!
auの携帯専用ページを見た方がストレスがない。
しかも、地下鉄でアンテナを拾うのが遅い気がする。

とはいえ革命が起こる。
FlickitというFlickrに写真をUPするアプリの発見。
これは快適。驚くほどシンプルで直観的なインターフェース。
MacのDockってシステムが昔あったがあんな感じで、アプリを選んで追加している
ことを考えられた素敵ツール。
この時点で、iPhoneカメラがお遊びカメラにようやく昇格。

4日目、キー入力の方法を教わって改善。
日本語入力時に、たとえば「あ」を押しつつ横にずらすと、左右上下に「い」「う」「え」「お」が出るというもの。
「あ」長押しの方法は知っていたが、待たずにできたことに感動。
GoogleさんはiPhoneからつなぐと簡易pageになってくれるので、重宝する。
もちろんGoogleAppのアプリも入れた。

さて、ここまで、電話やメールは一通も売ったりしていない。
連絡帳に移植できないから、手打ちだし、そもそも使わない。
しかし、みんなiPhoneの連絡先を教えてほしいという。。。。
正直、教えてもいいけど、昼間は電源切ってあるし、つながらないと思うのだが、
もう少しして、ちゃんと使えるようになったら、教えてみようと思う。

iPhoneの良い点
1.さまざまなApp
2.持ってるという楽しさ
3.MACも買えばひと山当てる準備ができたという夢の広がり
4.iPodを持たなくてもよい
5.ベッドで横になりながらにしてのフルブラウザ
6.使わないけど関数電卓
7.しゃべったー
8.しっくりくる重さとカーブ

iPhoneのみだと困ること。

1.お財布携帯

2.携帯サイト依存症

3.電池が。。。

4.山で電波がすぐなくなる

5.防水じゃない

6.Softbankの店員がいい加減で不安な印象
7.メアドの交換がしにくい(QRコード作るか?)
8.やっぱり携帯電話じゃない


まあ、一長一短あるという印象。
2台持つのが私のスタイルにはいいかもしれない。

1人でSoftbank2台契約する場合、
パケット定額料金を1台のみ二千円台に抑えるサービスができれば、
もっと売れる機種。

しかしながら、iToughに3Gの通信機能だけついていれば、事足りるね。

posted by アオキン at 11:06 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。