2009年11月09日

久々公開京都でいただいた御朱印

伏見稲荷大社
伏見稲荷大社
入口のお守りとか売っているところ。
しっかりした文字が印象的で、墨の香りは、程よい。




伏見稲荷大社奥社
伏見稲荷大社奥社奉拝所
千本鳥居を抜けたお守り売っているところ。
頂上までは雨で行けなかった。
今度は、頂上までハイキングだ。




護王神社

護王神社
猪の狛犬が美しい。達筆で、なんか心にしみる字だ。
墨の香りはあまりしないが、迷いの無い字はやはり美しい。



菅原院天満宮神社
菅原院天満宮神社
菅原道真公の産湯の井戸のある神社。
さびれている感じがあるが、アットホームな雰囲気で、心に残った。
しっかりした文字が好感を持てる。
とてもありがたい気持ちになった。




東福寺
東福寺
スタンプですべてが行われた。300円のもの。
500円のものは、墨書きしてもらえるが、張り替えで御朱印帳には頂けない。
迷ったけど、ぐちゃぐちゃになると、心が痛いので、スタンプのものに。
なんか、良いお寺なのだが、どうなのだろうか?




東寺
東寺の弘法大師さまの御朱印。
東寺は、このほかにも全部で、7種類、合計8種類存在する。
今回は、弘法大師様のものを頂いた。
東寺と書かれたところに教王護国寺と書かれる方もいる。
墨がとても伸びやかに動くような素敵な御朱印。
ありがたさでいっぱいだ。




青蓮院
青蓮院門跡の青不動様の御朱印。
夜の拝観では、書置きしたものを購入できるが、
昼間は、書いていただける。
夜と昼間と両方伺い、昼間に書いていただいた。
線が細いが、とても味のある美しい文字。





青蓮院
同じく青蓮院門跡の熾盛光如来様の御朱印。
「くじょうこうにょらい」と読む。
このお寺の御本尊様で、なじみはないかもしれないが、大日如来の仏頂尊です。
この如来様を御本尊としているお寺は、日本では青蓮院門跡のみ。
とても、貴重な感じから、ありがたみが増してしまう。
俗世間どっぷりのアオキンです。

何かにすがって生きているわけではないが、こういった御朱印をいただく行為で、
心が落ち着くし、お寺や神社にお参りすることは、自分には必要な行為だと改めて思う。

初めはスタンプラリーになりがち。
お寺の多い京都での御朱印集めはワクワクしがちではある。
そういった気持を見直して、ぜひ、皆様もやってみるとよいと思う。
posted by アオキン at 11:35 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 神社仏閣
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。