2009年11月04日

護王神社の獅子は猪

祇王神社

護王神社の獅子です。
猪。




祇王神社
もちろん反対側も、猪。

この神社は、奈良、平安にわたり活躍した和気清麻呂様の由緒ある神社。
昔は、神話の世界を作り上げて、権威をあらわしたのですが、
和気家のご先祖様も神様ということになっています。

彼が、愛した猪が守り神というか狛犬の代わりに安置されています。
政治と宗教が親密になりつつあった時代にこれを阻止し、
平安遷都を提言。
天皇の血筋が天皇であり続け、道鏡から政治を守ったのです。
昨日テレビでもやってました。諸説あるようなので、TVの説はかなり脚色があるような気がします。
でも、まあそういう偉人なので、十六葉八重表菊花紋がところどころに見られます。
今も、御所を守護しているのでしょう。

その功績なのか京都御所の蛤御門のそばにあります。

神社では、足腰の御利益があり、何秒などで足腰が不自由になった方。
足腰を大切にしたいという思いがある詰まります。

また、猪が子沢山のイメージがあることで、子授けや安産の御利益があるようです。




祇王神社
この立派な足腰を見れば、それもうなずけますね〜

アオキンも足のお守りを買いました。
これでまた、狛犬探しができそうな気がします。

今回の旅も素敵な狛犬との出会いがありました。
posted by アオキン at 11:18 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 獅子
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。