2009年11月30日

トウモロコシに対する偏見

缶詰のトウモロコシは、甘くてうまい。
それはわかる。
みそラーメンとかにも入っている。
でも、救うのが面倒なので嫌いだ。

しかも、安いと1缶100円だよね。
なんか、おいしいのに、あの食材には、多少なりとも偏見を持っている。
彩りとしての黄色アイテムとして確固たる地位を築いているコーン。

でも、コロッケやクリームコロッケに入っているとどうだろう?
なんかがっかりするのは私だけでしょうか?
どんなにほかにカニとか入っていても、一気にグレードダウンした気分だ。

天ぷらのかき揚げで、枝豆と一緒にきれいに揚げられたコーン。
やっぱりがっかりだ。

そう、やつは、単品でサラダに入っていると、輝くけど、
その他野菜以外たちと一緒になると、きれいだけどね~。。。。
になるのだ。

しかも、どんなに自分のところで、茹でて、包丁でそぎ落としたコーンでも、
缶詰だと思われてしまう。

缶詰の完成度が高いからだろう。

ちょっと、かわいそうな食材である。

長崎名物皿うどん。
やっぱりコーンは、入ると安っぽい感じ。

コーンに罪はない。
ミックスベジタブルの一味として扱われた歴史が生んだ偏見なのだ。

そこをうまく利用して、利益を上げているモデルがあるとするならば、
ケンタッキーのコーンサラダだ。
コールスローもくず野菜をマヨネーズで和えただけに見えるけど、
コーンサラダは、グリーンジャイアントを小分けにして冷やしただけだと思われる。
あれであの値段。コーンのおいしさを認めさせつつ、利益をあげるすごいやつだ。

まあ、偏見はどんなものにも存在しそうだ。
第一印象そこから偏見が始まるのはまだまし。

もっと前の刷り込みというのが厄介だ。
僕らは、偏見というものから逃れることはできない。
太っている→食べそう。いい人そう。
痩せている→野菜好き。引きこもり。

そんなのって、つまらないね。いろんな情報があふれる中、惑わされずにいろいろ見極める術。
そういうの大切な時代だよ。
日本人は、島国根性というか、狭い社交性の文化が根付いている。
でも、世界に目を広げないとね。
不景気って言ってないで、まずは行動だよ。

アオキンも就職活動しないと、4月から現状社内プーに。。。
どなたか、仕事の依頼お待ちしてます。
私、プログラムなんでも組めますよ~
posted by アオキン at 11:01 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年11月27日

イヤーフォン

断線した。イヤーフォン。
今年2本目だ。

何が腹立つかって言えば、テンションもかけずに使っているのに、根元の十四の太いところが
弱くて、壊れることだ。
なんとかならないものだろうか?

結局買い替えたのだが、13.5mmのステレオミニジャックのストレートタイプで短めのコード。
そして、カナル式ではない普通のイヤーフォンが極めて種類が少ないこと。
カナル式は、耳に合わないから普通のがいいんだけど、
ビッグカメラでも5種類しか売ってなかった。

その中で、インピーダンス特製の良いものを買ったのだけど、選ぶというか消去法なのだ。

アオキンは、高音特性が出て、低温もそれなりに聞こえないと、困るので、本当にストレスだ。
結局1500円くらいの安いイヤーフォンを買うことに。

10000円以上するイヤーフォンも以前は買っていたが、耐久性がないので、今は買えない。
3000円くらいでもう少しましなものはないものか???

そもそも断線しないようなものは作れないのだろうか?
フレキシブルケーブルみたいに幅があるものとかだれか作らないのかね〜
ワイヤレスの電池なしで熱もあまりないのが理想だけど、
非現実的だろうね。

切れるの前提で、けぶる接続部がジャック式で、ケーブル交換用ユニットを500円で売ってくれるでもいいよ。

なんか今の形のままじゃなくて考えろよオーディオメーカー!!
posted by アオキン at 11:06 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年11月26日

なかなか興味深い植物の話

祖母の葬儀で、親戚と話す機会があった。
庭師や植物医などをする方がいらして、いろいろお話が聞けた。
最近植物に興味がある。おもに盆栽だけど、

ネットで無作為に植物を調べたりもしている。

木にも種類により、短い命のものから長いものまである。
それにより対処法が違うという。
しかし、依頼主は、なるべく長生きさせたいと願うもの。

最近は、木の幹に傷をつけ、穴をあけて、アンプルのようなものを直接さす薬があるようだ。
しかし、これは、長命の木はすぐに元気になるのだが、
短命の木は、幹を傷つけるインパクトが大きすぎるとかそういう話だ。

アオキンの人生にまったく関係ない話だけど、意外と楽しい。

女郎花という花がありますね。
黄色い花。
男郎花っていう白い花もあるのね〜

男郎花は、オミナエシ科で夏に白い花をつけるのだそうです。

この植物の関係では、オミナエシが代表格で、女性上位ですね。

植物の世界では、美しさがもてはやされ、やはり女性的な名前が好まれるのでしょうか?

人の価値観なんて本当に薄っぺらいですね〜
薄っぺらさが、性別や貧富、国籍なので、区別したがるのでしょう。

最近の疑問は、天下り。
本当にすべてダメなのか?天下りがあるから、お金出せない。
という事業仕分け。
どうなの????
その人の仕事ぶりや能力をかんがみて、適切な給与が支払われているなら、天下りでもいいと思う。
大多数が、高額所得で働いていないように見えるからすべて天下りのせいなのか?
違いますよ。

所得が低くても不要な人はいますし、所得が高くても有能な人はいます。
それらをきちんと選別整理しないから、こじつけに見えてしまう。

国民感情と議員の気分や目標のために事業仕分けで決めるのはくだらないし、日本を破滅に追い込みます。
評価はできるけど、新しい制度。はっきり言えるのは、いくら予算を削っても成果として認めてあげません。
それが機能して、はじめて成果だ。

posted by アオキン at 10:54 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年11月20日

冬場の困難

コートが分厚くなり、電車の座席で
微妙な領土問題が起きる。
電車のシートは冬場の服装を基準に設計すべきだ。

座った後、侵略されて呼吸困難でした。
posted by アオキン at 23:07 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

デジカメ利用法

祖母の告別式が来週行われる。
そこで、私はカメラマンに任命された。
お花を祭壇に申し込まれた方の把握のために、名前の書かれた札を撮影する。
フィルムで撮りたかったのに、デジカメです。

いろんな思い出を収めなきゃと思います。
posted by アオキン at 10:28 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年11月18日

寒いです。

もう、冬なのでしょうか?
寒さは、冬をしっかり認識させてくれますね。
しかし、我が家の近所はまだ紅葉も中途半端で、銀杏もまだ緑色の葉を多くつけています。

待ちを歩けば、私を含め冬の装いをした人たちが歩いています。
段々、コートの厚みが増していくます。

女性の履いているタイツやらストッキングがうらやましいです。
あれは、暖かいんですね〜

勝手な想像ですが、タイツとか厚手のストッキングや、レギンスをスカートの下に履いていれば、
盗撮対策にもありますよね。

たまにTVとかで盗撮犯を捕まえる警察を映した番組。
あれ見ると、素足の方が狙われてます。

まあ、パンツ見たいなら、そうなりますね。
盗撮だけは意味がわかりません。
何がしたいのか?パンツ見るだけで、満足なら、下着売り場に行けばいいのに。
あそこは、男の自分が一人で行ったら、ものすごい恥ずかしいところですよ。
前を素通りするだけでも、モジモジしちゃう。

くだらない話で、寒さ倍増ですね。

何が腹立つって、盗撮ってのがあるから、せっかくのデジカメや携帯カメラなのに、
音がわざとらしく鳴ること。
寝ている動物や、虫たちがあの音で逃げちゃう。

盗撮行為を撲滅して、健全な撮影活動のために消音機能を〜
最近売っているデジカメの中では、CANON D10
音消しで写真撮れるから、頼もしいですよ。

大きさ的に盗撮に向かないからでしょうか?
設計した人はなかなかナイスジャッジです。
posted by アオキン at 10:55 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年11月17日

今気づいた。

ヤマザキの新食感は、たいして、新食感ではない。
あんな程度の食感なら、どこぞのパン屋でもうすでに経験済みだ。
でも、まずくはないので、買うよ。

なんせ、モチモチ食感が嫌いで、パンを自分で焼き始めたんだしね。

そこで後押しになったのは、ネットで友達になった人たちが、使い勝手を教えてくれたこと。
そのおかげでおいしいパンを何回も食べれた。

そろそろ、普通のパンを原点回帰で、焼いてみようと思う。

新食感は、普段用で買いますけどね。

もう一度言うけど、あれの食感は、新食感ではない。
posted by アオキン at 10:46 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年11月16日

人の死に直面した後

祖母が亡くなりました。
とても悲しいのですが、その瞬間から、まったく疲れが取れない。
以前から、人の死に直面した時に、なんかストレスがあることはわかる。
でも、それが常に続いているんだろうか?
特に意識はないのに、やたらしんどい時がある。

祖母が亡くなる直前に、クリーニング屋さんになんかとりにいっていないものがあるかどうか確認したら、
夫婦の喪服が出てきた。

祖母のお気づかいなのだろうか?
なんだか申し訳ないね。

チャンと送ってあげれればと思う。
posted by アオキン at 10:43 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年11月13日

誰これを考えたの。。。もし出たらRICOHは覇者になる。

元ネタ
http://forums.dpreview.com/forums/read.asp?forum=1041&message=33663080

先日発表されたRICOHのGXRというレンズユニット交換カメラ。
先見の明があり、欲しくてたまらないわけですが、

元ネタにあるように、GXRにmicro4/3のマウントユニットが出たら、もうこのカメラは、
世界一売れる可能性がある。

というのも、この発想。

micro4/3のカメラユニットを皮切りに、F,M,K,L,EOS,alpha,R,M64,SR,OMなどの
マウントユニットを出せば、すべてのレンズがそのレンズ性能をフルに発揮した状態で、
同じカメラで使えることになる。

最強のサブ機になるし、人によってはメイン機として、使われるに違いない。

レンズマウントが大きくて、おさまりが悪いなら、
カメラ本体を覆うように、L字型にユニットを設計すればよい。

本体の液晶が良いので、マニュアルレンズも使いやすいんじゃないかな〜

RICOHさんが本気でこんなのを出したら、そりゃ最強だ。
マウントユニット1つ2万くらいなら、普及するかも。
フルサイズ用なら5万位?

新しいものが出ると、使い方やその発展をユーザがいろいろ考えて提案できるネットってすごいね。
メーカーもしっかり読んで、出してほしいなぁ。
posted by アオキン at 13:03 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

2009年11月12日

地球温暖化ストップの秘策

私が思うに、地球温暖化対策って本気じゃないよね~

本気なら、まず、電力会社が契約世帯に契約アンペア数の見直しを依頼したり、
深夜電力の使用アンペア数を設定して、電気の供給自体を徐々に減らしていく。

そもそもないものは使えないのだから、与えるなということ。
電気を減らした分、消費電力が小さくなるような道具の開発をしてみるのはいかがだろうか?
まずは、熱を出さないことだよ。

不況の影響で、工場の稼働率が落ちたり、閉鎖したりで、この2年くらいは、
電気使用量が減ったはず。
そこをさらに減らしていかなきゃいけないけど、経済が回復したら、また使用量が増えるよ。
今、国民全体を省エネ方向に教育する必要があるのではないだろうか?

電気と書いたが、ガスも同様だ。

エコっていうと車のガソリンのことがなぜか中心のように叫ばれるが、
電気を使ってなくても、電気を作り続けなければならないシステムにおいて、
発電所が一番無駄な熱を出しているとおもう。
しかし、契約もあるので安定供給するために不可欠な無駄なのだ。

多少停電になってもいいように、数時間生活できる分の電気を蓄える畜電機が
各家庭に常備されれば、ギリギリを攻められるような気がするんだけど~

外に畜電気置いて、さらに、熱とか太陽光とかの自己充電オプションがあれば、
値段次第では、売れるような気がする。
政府や、電力会社が、地球環境のために、出力を30%カットします。って宣言すれば、
それはもう、空前のヒット商品ではないだろうか?

その宣言をする前に、電力会社は、高性能な奴を開発すればよいのだよ。

今、家の近所でも紅葉が始まりつつある。
心を和ませてくれる植物や、自分たちの将来のために、地球温暖化を止めましょう。
posted by アオキン at 10:51 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年11月11日

攻めの姿勢で行きますよ。

このように書いておかないと逃げてしまう自分がいます。
評価シート作成→仕様変更→評価シート作成→仕様変更→評価シート作成
もう、心が折れそうだよ。

最後の評価シート作成と信じて、作りますとも。

最近なんだか、仕事にムラが出てきていると感じている。
テストしても見つけられないバグが多すぎる。
及び腰じゃだめです。
開発は、攻めの姿勢で慎重かつ大胆に!!

忘れかけていたこの当たり前の姿勢をここに書いておきます。
すぐ忘れそうになるけど、そしたらまた同じこと書きます。
posted by アオキン at 11:33 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年11月10日

信じる

ここはいろいろ、考えても仕方がない。
そういう時は、面倒なので全部信じる。

ただし、しゅーきょーとかの勧誘は、一切寄せ付けない。

決めた。お試し試行期間1週間。

成功したら、おいしいお肉食べます。
posted by アオキン at 10:29 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年11月09日

久々公開京都でいただいた御朱印

伏見稲荷大社
伏見稲荷大社
入口のお守りとか売っているところ。
しっかりした文字が印象的で、墨の香りは、程よい。




伏見稲荷大社奥社
伏見稲荷大社奥社奉拝所
千本鳥居を抜けたお守り売っているところ。
頂上までは雨で行けなかった。
今度は、頂上までハイキングだ。




護王神社

護王神社
猪の狛犬が美しい。達筆で、なんか心にしみる字だ。
墨の香りはあまりしないが、迷いの無い字はやはり美しい。



菅原院天満宮神社
菅原院天満宮神社
菅原道真公の産湯の井戸のある神社。
さびれている感じがあるが、アットホームな雰囲気で、心に残った。
しっかりした文字が好感を持てる。
とてもありがたい気持ちになった。




東福寺
東福寺
スタンプですべてが行われた。300円のもの。
500円のものは、墨書きしてもらえるが、張り替えで御朱印帳には頂けない。
迷ったけど、ぐちゃぐちゃになると、心が痛いので、スタンプのものに。
なんか、良いお寺なのだが、どうなのだろうか?




東寺
東寺の弘法大師さまの御朱印。
東寺は、このほかにも全部で、7種類、合計8種類存在する。
今回は、弘法大師様のものを頂いた。
東寺と書かれたところに教王護国寺と書かれる方もいる。
墨がとても伸びやかに動くような素敵な御朱印。
ありがたさでいっぱいだ。




青蓮院
青蓮院門跡の青不動様の御朱印。
夜の拝観では、書置きしたものを購入できるが、
昼間は、書いていただける。
夜と昼間と両方伺い、昼間に書いていただいた。
線が細いが、とても味のある美しい文字。





青蓮院
同じく青蓮院門跡の熾盛光如来様の御朱印。
「くじょうこうにょらい」と読む。
このお寺の御本尊様で、なじみはないかもしれないが、大日如来の仏頂尊です。
この如来様を御本尊としているお寺は、日本では青蓮院門跡のみ。
とても、貴重な感じから、ありがたみが増してしまう。
俗世間どっぷりのアオキンです。

何かにすがって生きているわけではないが、こういった御朱印をいただく行為で、
心が落ち着くし、お寺や神社にお参りすることは、自分には必要な行為だと改めて思う。

初めはスタンプラリーになりがち。
お寺の多い京都での御朱印集めはワクワクしがちではある。
そういった気持を見直して、ぜひ、皆様もやってみるとよいと思う。
posted by アオキン at 11:35 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 神社仏閣

2009年11月06日

大失態

京都-伊勢の旅行で最終日にあまりにも荷物が肥大化したので、
土産を箱詰めして、家に送った。
土曜日着で。

そしたら、お土産が会社で配れないじゃん。
それで、名古屋駅で急きょ適当にたくさん入ってそうな安いキノコの山小倉トースト風味を買ったのです。
でね、昨日それを持って行って開けたら、12個しか入ってなかった。

なかなか、おいしいのですが、これはどうしたものなのか〜www

まあ、荷物を送ったお土産もたいしたことないんだけどね。

なんか、最近お土産が個性的じゃなくなって面白くないですね〜
うなぎパイの偉大さを感じるのでした。
posted by アオキン at 10:41 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年11月05日

警察犬

FH000016

この間、京都旅行の際に京都御所の一般観覧に行ってきました。
そしたら、いたの〜警察犬。

御所を警備する警察は、皇宮警察というんだね。
2匹の警察犬に出会いました。

すごくおとなしく、子どもにめっちゃなでられてた。
大きくて少し怖いイメージのあるシェパードも警察犬になると、なんだか安心します。
本気出したら、やっぱり怖いんだろうけど。

御所自体に対して特に見るべきものがなかった気がしますが、
警察犬は、良かったよ。

もしかしたら、人生で初の警察犬を見た瞬間だったのかも。
posted by アオキン at 11:17 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年11月04日

護王神社の獅子は猪

祇王神社

護王神社の獅子です。
猪。




祇王神社
もちろん反対側も、猪。

この神社は、奈良、平安にわたり活躍した和気清麻呂様の由緒ある神社。
昔は、神話の世界を作り上げて、権威をあらわしたのですが、
和気家のご先祖様も神様ということになっています。

彼が、愛した猪が守り神というか狛犬の代わりに安置されています。
政治と宗教が親密になりつつあった時代にこれを阻止し、
平安遷都を提言。
天皇の血筋が天皇であり続け、道鏡から政治を守ったのです。
昨日テレビでもやってました。諸説あるようなので、TVの説はかなり脚色があるような気がします。
でも、まあそういう偉人なので、十六葉八重表菊花紋がところどころに見られます。
今も、御所を守護しているのでしょう。

その功績なのか京都御所の蛤御門のそばにあります。

神社では、足腰の御利益があり、何秒などで足腰が不自由になった方。
足腰を大切にしたいという思いがある詰まります。

また、猪が子沢山のイメージがあることで、子授けや安産の御利益があるようです。




祇王神社
この立派な足腰を見れば、それもうなずけますね〜

アオキンも足のお守りを買いました。
これでまた、狛犬探しができそうな気がします。

今回の旅も素敵な狛犬との出会いがありました。
posted by アオキン at 11:18 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 獅子
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。