2009年10月22日

サツマイモ

先日、さつまいもを大量にもらった。
これを使った料理で、思い出すもの。

いもご飯
焼き芋
煮物
スイートポテト
天ぷら

くらいだなぁ。
お芋が小さいから、天ぷらは、さみしいなぁ。
スイートポテトは、バターをたっぷり使うから、大量に作ると、おなかにお肉がたくさんついちゃう。。。。

煮物、いもご飯、焼き芋を候補にしてみた。
煮物は、砂糖で、甘く煮るだけなんだけど、これももしやカロリーが、、、、
いもご飯と焼き芋かなぁ。

そこで、焼き芋を家庭で作る時に、アオキンは、ダッチオーブンの使用をお勧めしたい。

まず、ダッチオーブンをコンロでプレヒート。
軽く温まったら、鍋の油を拭き取る。

上げ底をセット。専用の網がなければ、アルミホイルを、ゴルフボール状に軽く丸めて、
底に、何個かしく。芋が落ちない程度敷けばいい。

プレヒートは、強火でも中火でもいいのだけれど、鋳物の場合は、弱火から中火、強火と
調整したほうが、鍋が壊れなくて済みます。

もちろん、ふたもプレヒートしましょう。
完全に熱くなったら、
洗った芋をいれ、ふたを占め、弱火にして、30分。
いったんふたを開け串を通してみる。
串が簡単に通れば出来上がり。

まだの場合は、様子を見ながら、焼き続け完成。

すごいおいしいのができますよ。

石焼き芋用の石も売ってるので、その場合は、上げ底入りません。

この上げ底の意味は、芋の焦げをなくすためなのです。


そして、出来上がったら、皮ごと食べられます。

もちろん、鍋を洗うときは、重層などで洗い、洗剤は使いません。
軽くさび止めにサラダオイルかオリーブオイルを塗り保管。
鍋を洗うときは、鋳物の場合、さめてから洗いましょう。
そうしないと、鍋が割れちゃいます。

書いていたら、食べたくなってきました。
これで、お芋の味を見て、系統的にしっとり甘みが強ければ、
パンを焼いてみようかと思い始めてます。
お芋パン。美味しいよね〜

しっとりじゃなかったら、いもご飯です。

それでもまだ芋があったら、、、、、
玉ねぎ、人参、キノコ、ズッキーニ、鶏肉で、ラタトゥーユでも作ろうかなぁ。


posted by アオキン at 11:39 | ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。