2009年09月29日

〆のチャンポン麺

先日、もつ鍋を食べてきた。
もつ鍋は、安くてうまいですね。




もつ鍋塩味
もつ鍋2人前(塩)です。
ニラ、ごぼう、キャベツ、豆腐、もつのオーソドックスな具。
申し訳ない程度にレバーも入っている。

出来上がるまでは、いろいろなものを食べてごまかす。


ごまさば
ゴマサバというたべもの。
しめサバにネギ、ゴマ、出汁醤油とウズラの卵の黄身が乗っている。
ゴマサバといえば、そういう魚がいるのだが、これは、見るからにマサバだ。
なんだか予想外だが、うまかった〜



レバーカツ
レバーカツ。
レバーを一枚勝つにしてあげたようだ。特製ソースは、ケチャップとソースを混ぜたようなものに、
甘味のある何かを加えているようだ。
細く切られすぎている印象だが、うまい。



明太子 in 厚焼き卵
当然だけど、おいしかったのが、明太子の入った厚焼き。
ふわふわで、あつあつ。これは、外れがない。



締めのチャンポン麺と水餃子
なんていいつつ、もつ鍋を平らげ、〆として、チャンポン麺か雑炊が選べる。
チャンポン麺を初挑戦。
これは、以前、スモモちゃんが「もつ鍋の〆はチャンポン麺ですよ〜」と言われていたが、
巻頭にはそのようなものを見たことがなかった。
このお店にはそれがあったので、注文。
追加で、水餃子ともつを入れた。

これが、うまいのなんの。
初めっから入れとけばいいのに。。。。
いやもう、そんな感じでした。
スープが煮詰まって濃くなった鍋にふと麺がしっかりと味の調和を生み出す。
水餃子もとてもうまかった。





締めのチャンポン麺と水餃子

ちょっと取っただけで、小皿いっぱいに広がるチャンポン麺。
一瞬で皿の中身がなくなる感じだ。

すぐにでもまた行きたくなる味でした。
この冬は、もつ鍋にチャンポン麺。はやる予感がしてならない。
posted by アオキン at 10:53 | ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。