2009年08月05日

DQ9の酷評はなんだったのか?

正直理解に苦しむ。
自分の感想は、面白い。
妖精のしゃべり方は、ちょっとびっくりだったけど、まあ、それもありだろう。
なによりも、しばらくプレイしなかったときに、次やるべきことを思い出させてくれる機能とか、
宝の地図。週1回のシナリオ配信など、とても魅力的な機能だ。

敵が見えるので、必要を感じないときは逃げれるし、的に追いかけられる緊迫感が、
何とも心地よい。

本編内容は、きわめて平凡で、王道だが、万人受けさせることを考えれば、そういうものだと納得できる。
むしろヘビーゲーマーは、宝の地図を与えて、納得させているように思う。

発売から、しばらくたつが、今でも町中ですれ違い通信をすれば、一瞬で数人とすれ違うことができる。
長く遊べるきわめて優秀なRPGだと思う。

RPGは、クリアしたら飽きてしまうが、このDQ9は、クリアしてからが本番。

それを、ちょっとプレイしただけで、酷評したプレイヤーは、現在DQ9をやっていないのかな?
満足度は変わらないのだろうか?
歴代のDQからは、少しモデルチェンジした作品だけに、DQとしての違和感は残るものの
RPGとして、新しいDQの形として、自分は高く評価したいと思う。

まだ、やったことない人もこので遅れは挽回できます。
クリア後の楽しみは無限大なのだから。
posted by アオキン at 10:17 | ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。