2009年07月08日

高解像度恐るべし

デジカメを買い替えて、1200万画素という無駄なスペックを手に入れていた。
これが、恐ろしいのだ。

何の気なしにコンパクトデジカメの保存サイズをFineに設定していた。
たいがいのカメラでは、Fine,L,M,Sとかサイズを選べる。

600万画素のカメラでは、Fineで撮っても1.2MBくらいのサイズでおさまるのだが、
1200万画素だと3.6MBとかサイズがでかくなる。
まあ、当たり前の話だ。

しかし、一回どこかに行くと何の気なしにぱちぱちと撮影し、100枚近い写真を撮ることになると、
300MB近いHDDの容量を食うことになる。

いつの間にか外付けHDDを増設していた。

だけど、ブログや普段のL版印刷するのには、Mサイズの800KB位のサイズで十分だ。
ほぼ4倍のサイズを使っていたことになる。

こうやって、新しいデジカメに買い換える=パソコンのスペックをあげるということを考える人も
多いことだろう。

でも、自分は、カメラの保存サイズ設定を通常Mにして、必要な時にFineに変更するのが、
正しいのだとやっと最近わかった。

最近のカメラは、なんだか優秀で、Mサイズでも画質が著しく落ちることはない。
実用レベルで使う賢さが、これからのデジカメユーザーには必要なんだと思う。

ポスターに印刷することはない。せいぜいA4に印刷するくらいだという人は、
カメラの保存サイズ設定を有効利用してみてはどうだろうか?

もう、してるって?それは、、、ごめんなさい。
posted by アオキン at 12:29 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。