2009年03月31日

肩こり

年に何回か肩が凝ります。
というか、肩こりに気づきます。

整体に昔行った時に、肩こりはしない人はいない。
気づきやすいか気付きにくいかの違いで、肩こりの痛みに耐えられる体かどうかだけなんだって〜
つまりアオキンは、鈍感なのです。

でも、最近、肩こりを感じるんです。
花粉症で、鼻が詰まったり、目がかゆかったりで、基本肩がこるんだろうけど、
気づいちゃった。肩こりに。


もしかしたら、風邪でも引いたかもと、昨日は薬飲んだけど、花粉症がひどいだけかも。
ほんとうに、鈍感ってやんなるね。

posted by アオキン at 11:00 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月30日

友達は最高だ

土曜日に友達と酒を酌み交わした。
大学を卒業してから、毎年何回か飲んでいる。

酒を飲むこと自体は、まあ基本楽しいけど、
気を使わずに、自然と笑顔になれるのは、
友人との飲み会ならでは。

多少の下ネタや、仕事の愚痴など、なんでも笑いの材料になる。

不景気で仕事がない中、自分の会社も派遣切りで、優秀な人材を切り捨てる。
長くともに働いた仲間を見殺しにすることになる。

そんななか、友人の会社で、ソフトの人がひどい状態で、相談を受けていた。
なんか、解決の役に立とうと頑張ってみたら、新しい仕事がもらえそうな感じだ。
もちろん、それが実現するならば、派遣切りされる人をそちらの会社と直接仕事できるように
こっそり導くつもりだ。

友達と仕事することなんて、ないと思ってたけど、あるかもしれない。
なんか、面白いね。


posted by アオキン at 11:42 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月27日

めでたい

アオキンは、昨日珍しいものを見ました。
東京タワーのイルミネーションです。

水曜日から5日間だけのライトアップのようですが、
なんと日の丸カラー。

NYのエンパイヤステートビルも日の丸カラーになったらしいですが、
やっぱり、日本のシンボルタワーが日の丸カラーになるのは気分がいいです。

めっちゃ日本人ですね。

アオキンは横浜ファンですが、出場した村田選手、内川選手が重要な場面で起用され、
活躍してくれたので、余計うれしい。
世界一に貢献した選手がいるのだから。


WBCで日本を代表する野球選手「サムライJAPAN」が世界一を記念してとのこと。
http://www.tokyotower.co.jp/cgi-bin/reg/01_new/reg.cgi?mode=1&no=1248

応援したみんな、東京タワーを見る機会があったら、ぜひ見てください。
そしてもう一度祝杯をあげるのはいかがでしょう?

アオキンは、明日、呑みますよ。
今日も呑むけどね。。。。

posted by アオキン at 11:24 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月26日

呑みつかれた。。。

毎日呑んでます。
結構疲れてきた。
今月はあと2回の飲み会があります。
それで、フィニッシュ。
いやぁ、財布の中身がもうなくて、大変です。
頑張っていきましょう!!
posted by アオキン at 11:30 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月25日

おにぎりダイエット

夕飯をおにぎり1つで済まそうとすると、
途中でおなかが減って、カップ麺を食べてしまい、
余計にカロリーが増える。

これを、アオキン欲張り現象と呼ぶ。

ということで、ダイエットには、低カロリーでたくさん食べれるものから、
徐々に減らしてくことが必要だ。
それって、何食べればいいの?もやしと野菜ジュース????
きっと、タンパク質とかは、お昼までに取れていると思うんだよね〜

乙女みたいな悩みですが、小さな悩みの一つでもあります。

昨日はとんかつ食べちゃったけどね。
posted by アオキン at 11:04 | ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月24日

ちらほら

先週末に東京の桜が開花宣言しました。

我が家の近くでも、桜の木1本に2輪ずつ位、桜が咲いています。

なんかいよいよ、春って感じですね。

スギ花粉も今はすごいけど、もう少しの辛抱。
耐えている自分にご褒美のように毎年咲く桜は、本当にうれしい。
同じ時期に咲くマグノリアも、しっかりつぼみが膨らんで今にも先出しそうです。

ワクワクしますね。
posted by アオキン at 10:39 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月23日

勝った〜!

日本勝ったね。
馬原は疲れてたのかな?
ちょっとひやひやしたけど、
抑えのダルビッシュは、いい球投げたね。
9:4ってスコアはかなり意外。
投手力のチームが、アメリカ相手に10本のヒットで、3つもエラーを誘い、快勝。
さすがに、4点取られたけど、なんか日本は強かった。

次は韓国戦。買っても負けても、アジアがまた優勝することは決まった。
すごくうれしい。

どっちが勝っても、良いけど、
WBCは、韓国が勝って、オリンピックが日本が勝つみたいなのが、
国際的には理想かなぁ。

日本人として、もちろん連覇がいいけどね。

次は、岩隈とか杉内が投げれるし、
藤川も韓国戦には力以上のものが出る。
応援しますよ〜
posted by アオキン at 12:44 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月19日

なぞなぞ

A:夜寝ると必ず暴れる動物なぁに?






Q:寝像(ネゾウ)


これ、なぞなぞなのか?
飴の袋に書いてあったなぞなぞだけど、かなり微妙だ。
posted by アオキン at 12:08 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月18日

のんびりしすぎて、のんびりしたい

今は、仕事の谷間で落ち着いている。
ちょこちょこっと仕事して、定時で上がる。
そんな時期。

会社でボーっとしてしまうこともあり、妙に疲れる。
なんか、職場はのんびりより、ガッツリ仕事したいね。

どうせのんびりだったら、モルディブでも行って、何も考えずに一ヶ月くらい楽しみたいなぁ。
日本人もいないような、夢の島がいくつもあるのが素晴らしい。

だれか、そんな時間とお金をください。
posted by アオキン at 11:02 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月17日

ワクワク

いよいよ、友達の結婚式まで一週間を切った。
今週の土曜日が本番です。

アオキンは、受付と余興を担当します。

受け付けは、今週の日曜日に言われて、ちょっとびっくりしたけど、
引き受けることにしました。

とにかく余興が楽しみ。
余興は、ふつう頼まれると面倒ですが、なんか今のメンバーの余興だと、
準備からないから面白く、学生時代に戻ったようで、テンションがおかしく、
誰も止められない感じ。

挙句の果てに、髪型までこだわり始め、
「ねじり鉢巻きが似合う髪形にお任せでお願いします。」
って意味のわからないオーダーで髪の毛を切りました。
久しぶりに短くすっきり切られた髪の毛。
若返りました。そして、ちょっと寒い。

そしたら友達も、坊主にするとかアオキンの上をゆくバッサリカット。
負けました。

もう一人は、白髪染めまでしてました。何を期待しているのか理解不明。

そんなお祭り気分で、式場は長野の松本。
旅行はできるはさわげるわで、ハァハァしちゃう。

まあ、これが会場のお客様に受け入れられる程度に盛り上がらないと
寒い結果が待っているので、そこをコントロールするのが、アオキンの課題。

アオキンがカメラだとすれば、絞りは開放。
ピントがシビアになりがちなので、ちょっと絞って、ピントを合わせないと。。。。
って感じかな。

あれもやりたいこれもやりたい。次だれか早く結婚して。
一年中お祭り大好き。

アオキンでした。
posted by アオキン at 11:08 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月16日

[読書感想]ド・ラ・カルト

この本は、すごい。
ドラえもんの秘密というか裏事情が緻密に描かれた名著。
ドラえもんの第一話は複数存在する。
ドラえもんは学習雑誌に連載をし、その連載は小学1年生〜小学4年生まで。
しかも、のび太の年齢がそれに合わせて、一年生から4年生までなっていて、
小学一年生連載漫画は、道具の面白さで勝負。
小学六年生で連載したときに静香ちゃんとの恋愛ストーリーがかかれたりと、
対象年齢によって書き分けられている。

また、ドラえもんの色が青になった理由として、ネズミにかじられて青ざめたという、
設定が有名だが、裏事情的には、当時、小学一年生ではカラーマンガで書かれていて、
背景が黄色だったことから、目立つ青を採用した。という始末。

また、いろいろな設定が今ではあるが、これは、ドラえもん大百科という他人の書いたドラえもんの設定を
藤子Fが「そういう設定だったんだ〜」ト理解し、実際の漫画で採用していたこと。

ドラえもんがネズミ嫌いキャラで、ネズミが嫌いすぎて、地球自体をすべて破壊しようと試みた話があるなど、
読み応え満載。

ドラえもんがどら焼き大好きで、理性をなくし、ついついどら焼きにつられて、
使い方次第では、世界を変えてしまうような道具も、「まあいいか。」と貸してしまう。

ドラえもんは当初、頭が悪く、あひる型ロボットのガーコもいた。
でも、両方バカで、のび太が一番まともという設定で、
つまらなくなり、徐々にドラえもんが頭がよくなり、ガーコはいなくなった。

などなど、すごいことが書かれている。

夢を持つ子供は読んじゃだめだけど、大人は読めば面白い本。

ドラえもんマニア必読の本。
posted by アオキン at 11:38 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー

2009年03月13日

カレー

カレーって食べ物に取りつかれている気がする。
油断すると食べたくなる。
といっても、おしゃれな奴じゃなくて、ジャガイモ、人参、玉ねぎ、肉。
みたいなやつ。

ゴロゴロした具とろっとしたルー。
我が家は、ジャワカレー。
アオキンが作る時はだけど、それに、適当にスパイスを混ぜたりします。

でも、そういうのってお店じゃ食べられない。
家で作るしかない。

そういうのだから食べたくなるのかなぁ。
アオキンは、カレー、ラーメン、ハンバーグが大好きなお子様なのかもしれないけど、
同じくらいお魚も好き。
と、一応フォローしておこう。

posted by アオキン at 11:11 | ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月12日

人に良いと書いて「食」

あるお米のHPに書いてあった言葉。

これが、なんか頭にこびりついた。
つまり、食べるということは、人に対して、良い結果をもたらしてこそ「食」と言えるのではないだろうか?

科学的ななにかが、すべて悪いわけではないが、
「食」という言葉を考えると、食べ物って言えない食べ物も多い。

小さなお子さんや愛する家族には、安全なものを口に入れさせたい。
そんな思いから、スーパーで自分の判断で選ぶ人も多い。
つまり、食品とか言われていても、その人たちにとっては、食べ物、食品ではないのだ。

わざわざ選ばなくても、食べ物しか売らない食品コーナーに時代が遡らないかなぁ。
みんなが安全な食べ物を望んでいる。
そんなわかりきったことを、実現できない世の中なのだろうか?
利益や政治とかが絡むと本質がゆがむ。

どちらが正解かはわからないけど、「食べる。」って言葉をしっかり見つめ直すの大事。
posted by アオキン at 11:01 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月11日

郵便振り込み難しい。

アオキンは、ぱるるの口座を持っているけど、
全く使っていない。
郵便局よりも、都市銀行のほうが、探しやすかったり、
まあ、向井sから使っている分なれているからだろう。

しかし、オークションで落札して、ぱるるに振り込みが必要になった。
そしたら、もう大変。
1時間くらいかかった。

まず、ATM。
どのボタン押せば、振り込みのメニュー出てくるんだよ。
支払。入金などなんとなくこれかというものはあるが、微妙に違う。
振り込みカードによる振込。
以外は、意味がわからなかった。
あまりにも長い時間、ポチポチやっていたら、警備員に声かけられる始末。

口座がない場合は、用紙に記入して、窓口らしい。

で、振り込み用紙を探し、記入。
窓口にもっていった。

「これは、口座番号の先頭が”0”のもの専用です。”1”のものはこちらに記入してください。」
「口座をお持ちですか?窓口だと525円手数料がかかりますが、機械なら無料です。」

たたみかけるように言われたが、そもそも、この用紙は、記入台に置いてなかったけど、
書き直しかよ!!

とか、思ってみたり。郵便局は振込じゃなくて、振替じゃなかったけ?
いつの間に振り込みに直したんだ?
それ治すシステム移行代金あったら、この”0”とか”1”とかのを何とかしろよ!!

とおもいつつ、用紙を記入。
別の人が座る窓口にもっていった。
「口座をお持ちですか?窓口だと525円手数料がかかりますが、機械なら無料です。」

。。。。さっき全く同じ質問されましたが、、、、、

まあ、いいけど、、、、

いや、なんだかんだで、280円の振り込みが、805円もかかってしまった。
これなら、銀行から、他行への振り込みにすればよかったよ。
本当にしんどかった。

ゆうパックなどの郵便業務以外は使ってやらない!!
posted by アオキン at 11:00 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月10日

ヨックモック:苺のクレープ

週末にヨックモックの本店に足を運んだ。
青山の高級ブティックが立ち並ぶ一角に濃い青のタイルを張った落ち着いた店だ。

ヨックモックがおいしくて安いクッキーを売っていることはみんなにしらてています。
しかし、このお店は本店の喫茶にすごい魅力が溢れている。

それが、苺のクレープだ。
アオキンはイチゴが大好きなので、迷いがないよ。
まずは見てほしい。
3335751686_3753531a8a_o.jpg
クレープを取り巻くベリー。
そして、あまりにも控え目なソース。

このバランスが美しくもうまいのだ。

3334917925_53dbc84c79_o.jpg
ボリュームも結構ある。
クレープの中には、苺が練りこんだクリームとイチゴのスライスが入っている。
その上に、バニラビーンズの利いた上品な口どけ滑らかなアイス。
さらに、頂上(あえてこの表現をしてみる)には、あのよっく目の代表的なお菓子。
シガールの巻いていないクッキーが載っている。

どんな食べ方も自由だ。おそらくこれに正解の食べ方はない。
同食べてもうまいのだ。

3334919377_618b5c830c_o.jpg
要注意は、この房状の小さなブドウの赤いような実だ。
一気に食べたらものすごく酸っぱかった。
きっとおしゃれな女性なら食べたことある実なのかもしれない。
正直アオキンは見たことあるかも?
とおもったが、この酸味をどの辺で食すか。それが唯一のなやみどころか?

ちなみに、インディアンダージリンという紅茶を頼んだが、
お茶うけにシガールが1本ついてきた。
クレープが1000円。
紅茶(pot&シガール付)が900円〜1000円。

なんとも優雅で贅沢で、ちょっと得した気分になる。

店員さんの制服は、古臭くどこかダサさがあるんだけど、
きびきびした接客を受けていくうちに、なにかかっこよさが漂ってくるから不思議だ。
ダサカッコイイ。

みんなに愛されるクッキー屋さん「ヨックモック」の喫茶。
ぜひ、お試しあれ。
posted by アオキン at 11:42 | ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月09日

春の足音

花粉症の猛威が気になって、薬漬けになっている今日この頃。
春の訪れが楽しみなのは、言うまでもない。

そんな春の足音が聞こえてきたのは、先週末だ。
近所の公園を通って、遊びに行く途中。
暖かさに木々の変化があった。

3335736360_0769509fec_b.jpg
サクラのつぼみが膨らみだして、今にも咲きだしそうになっていた。
咲いているものもいくつか見られた。
この桜は毎年、早く咲くので、一番目につきやすい。

3335739128_f4b4f31596_o.jpg
菜の花もどこかからかこぼれた種が、成長し花を付けている。
この花が咲き誇り、散る前に春はやってくる。
桜のつぼみは膨らみ、にぎやかにあるのだ。

3334902187_e620ec8bf2_o.jpg
そして、最近は見かけなくなったスミレが咲いていた。
昔は、群生していて、花をお浸しにして食べる人もいたんだけど、
きっと今はそんな人もいない。
ベッドタウンのオアシス公園にひっそりと咲き、
気づくものも少なく春を告げている。

このほか、マグノリアも咲き始めようとしていて、
あと2週間もすれば、桜は咲き、気がつかないふりをしていても春を感じることだろう。
でも、こうやってまっさきに春を感じる。
そういう贅沢を味わえたことにかなり幸せを感じた。

もう、薬とおさらばする日は、カウントダウンしているよ。
フキノトウやタラの芽といった春の山菜がスーパーに並んできた。
菜花も売っている。

ちょっと早い春をみんなで体感しようじゃないか?
posted by アオキン at 11:13 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月06日

雨はいやだけど、この時期は好き

雨って、面倒だし嫌ですよね。
でも、この時期の雨は神の恵みです。

神とか書いているけど、特定の宗教を信じているわけではなくもし、いるのなら?みたいな感じです。


花粉症の季節、雨がたくさん降ると、空気中にただよう花粉を地面にっ叩き落とし、排水に流し、
海へと連れて行ってくれる。

本当に助かる。
でも、建物の中に入った瞬間くしゃみが出たりするので、うまく逃げる花粉もいるんだけどね。

そんなこんなで今日もAGノーズが大活躍していますが、雨にも感謝。
寒いから多めに着込んで、今日も頑張ろう!
posted by アオキン at 11:11 | ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月05日

[読書感想]大人の写真。子供の写真。

作者:新倉万造×中田燦
出版社:
エイ文庫
ISBNコード:
978-4-7779-0558-4

文庫本の写真集的なエッセイなのかなぁ。
大人の目線と子供の目線でも同じ対象物へのカメラのファインダー越しでの興味。

大人は、うまくきれいに撮ろうとする。
子供は、興味を持ったものを大きく撮ろうとする。

[要旨]


人と子供が同じものを撮ったら、何が、どんな風に、違って写るのか?子供の頃に通っていた通学路を気まぐれで歩いた時の、あの風景の違いが写真に写るかど
うか試してみたかった。「おとなは、だれも、はじめは子どもだった」そのことを忘れないでいるつもりの大人の写真家として。近所の市場から、鹿児島県奄美
大島まで。大人と子供が撮り歩いた絵日記みたいな写真たち。


この作品、プロカメラマンとご近所の6歳の子供が何か所か撮影スポットを決めて、
自由に写真を撮る。

子供は最終的には、写真よりも興味のあることがたくさんあって飽きてしまう。
そんな不思議な作品。

この本の写真を見て思ったことは、子供目線の構図や撮影意図がすごく面白いこと。
写真が素直で、取っていて楽しんでいるところがすごく伝わってくる。

また、大人目線の写真もプロだけあってさすがだなぁとおもう。

ともあれ、これを現像して印画したプリンターが天才なだけかもしれないけど。
子供が自分にいたら、間違えなく同じことをしそうだ。
この本にも書いてあったが、カメラが壊れることは覚悟して、
壊れても怒らずに、取り扱い方を教えてあげることが大事だ。

市場や学校で撮った写真は子供が撮った写真のほうが面白かった。
うまい下手じゃなくて、カッコよくとか、そういうのは不要なのかもしれないと感じさせてくれる。
子どもにとっては、カメラを手にしていること自体クールなことに違いないし、
あのシャッター音やファインダーからのぞいたものが切り出せるカメラが
最高にクールだ。

そんなことを今更ながらに、思い出した。
私がカメラを持たせてもらったのは、おそらく幼稚園の頃。
祖父の使わないカメラをおもちゃに遊んでは、室内で、TV画面を撮影していた。
マニュアル撮影を祖父に教わったのだ。
祖父が、「もっと違うもん撮ったら〜」って言ってた記憶があるんだけど、
それって、祖父を撮って欲しかったんだろうなぁ。

でも、カメラが面白くて、盆栽撮ったりして、人を撮るなんてことなかった。
それを祖父がDPEに出してくれて、ゴミプリントなんだけど、
すごい誇らしかった。なんか、プロカメラマン気取りでした。

気持ちに素直に、どんな写真が撮れるのか?
今の自分が興味持つ写真って何なのか?
それすら考えずに、心でシャッターを切るような感じ。
ちょっとずつ取り戻したいなぁ。

そういう感想を持った作品。

posted by アオキン at 10:57 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー

2009年03月04日

太鼓どうしよう

和太鼓が余興用に欲しくなってきた。
3000円で買えそうだ。
コンパクトのものなら、置くスペースは何とかなるけど、
買った後ほかに使い道はあるのかなぁ。
どうせなら、沖縄のエイサー用のパーランクーも面白そうだし、
玩具太鼓といわれる和太鼓も捨てがたい。
はたまたキッズドラムというちょっと洋風のものもある。

もともと太鼓大好きだし、
6000円出して、アフリカのジャンべやトーキングドラムも良いかも。

というより、これはそのあと何に使うんだということも頭によぎる。
キャンプするときくらいしか、使わないよなぁ。

一軒家とか買ったら、毎日でもたたいて楽しめるんだけど、、、、、、、

悩みは尽きないね〜

アオキンはいろいろ欲しがって、お子様ですか?
いいや、33歳のおっさんです。
posted by アオキン at 11:41 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月03日

心配されるってうれしいね。

今朝、上司から休んでたけど体調大丈夫?
って連絡貰っちゃった。
なんか、心配されているって申し訳ない気もするけど、
うれしいもんだ。

そういう人の期待にはちょっとは応えてみたくなる。
それが、大人ってやつだ。

でも、仕事がそんなにないんだよね~
posted by アオキン at 10:38 | ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。